本文へスキップ

世界30カ国で展開中の円心空手

入門にあたって ADMISSION   

見学と体験入門をお勧めします

このホームページ上で色々と説明をさせていただきましたが、百聞は一見に如かず、まずは自分の眼で、身体で判断して入門を決めていただきたいと思います。

稽古の見学と体験入門をお勧めしております。

※カルチャー教室の見学と体験入門に関しては、該当カルチャー教室に直接お問い合わせ下さい。



様々な人が円心空手を学んでいます

道場には幼児から学生、そして社会人の方など様々な立場の人がいます。40代50代から始める方もいらっしゃいます。男性の割合が多いですが、女性の入門者ももちろんおります。目的も人それぞれ、ひたすら強くなりたい、護身術や武術を学びたい、礼節や心の修養をしたい、己の弱点を克服したいなど様々です。秋田支部ではそのような方々を大歓迎致します。

目的や立場や性別が違っても、円心空手の道場で共に過ごすことにより、幅広い交流が生まれています。共に空手の厳しい修練を乗り越えた仲間には自然と絆が育まれ、時には仲間を自分の事のようにすら思えるものです。また、大会や合宿などのイベントを通じて、県境や国境を越えて同じ仲間ができる事も、空手をやっていて楽しい事のひとつではないでしょうか?

立場や年齢や性別は特に気にする必要はありません。どうぞ道場にいらしてみて下さい。新たな世界と発見がそこにはあるはずです。



安全と「心技体」の向上

格闘技である以上、互いに体がぶつかり合う事は避けられません。だからこそ、受けや相手を捌く技術をきちんと正しく学ばなければなりません。また、対人稽古の際には、相手のレベルに応じた強さや速さで攻撃する事により、受け手側の怪我の防止と技能の向上を同時に実現します。このメソッドにより、同レベル同士はもちろんの事、初級者と上級者という組み合わせでも相互のレベルアップが可能です。

空手の基本稽古の他、ミットを用いて突きや蹴りなどの打撃技の練習、そして相手の攻撃を捌いて投げや足払いで相手をテイクダウンまでもっていく練習、補強運動(筋トレ)等のメニューを織り交ぜ、幅広い技術と打ち負けない屈強な身体、屈しない精神を作っていきます。どれもこれも簡単に手に入るものではありませんが「歩まざればこれに至らず」です。これらを手に入れる為には何よりも「心」の部分の修練が必要不可欠です。これもまた日々の鍛練で同時に育まれていくものであると思います。



「天滴穿石」「努力」二宮城光館長の言葉

二宮城光館長は「天滴穿石」を座右の銘のひとつとしており「努力」という言葉が好きです。一滴一滴の雨垂れも、何年も垂れ落ちる事により、いずれ固い石にすら穴を開ける事ができる、という意味です。有名な「点滴穿石」という格言ですが、館長は「天滴穿石」の語句が気に入り、このように記したとの事です。

空手の上達も「天滴穿石」と同様だと思います。誰であろうと一歩一歩の歩みが、必ずなりたい自分に近づけてくれます。




「初心者」と「初心」

まずはそれほど気負わず道場にいらして下さい。達人と呼ばれる人でも、皆、初めは初心者だったという事も忘れないで下さい。また同時に、初心も忘れないで下さい。さすれば、これから入門しようと思っているあなたはゆっくりと、しかし確実に上達していけるはずです。

心が折れそうになった時は、初心を思い出し、自分を信じて前進して下さい。道は必ず開けます。老若男女より「志」が大切です。

秋田支部長 武嶋栄次

国際空手道円心会館秋田支部

〒010-0101
秋田県潟上市天王字長沼43-3

TEL 018-873-7124
FAX 018-873-7124
携帯 090-7327-0537
MAIL

支部長 武嶋栄次